医療業界の年収は450万円程である

医療業界のなかでも医療機器の商社で仕事をすれば、30代の平均年収は450万円程である。仕事に見合った給与が得られるかというとどちらかといえば納得できないかもしれない。しかし、医療業界は無くならない産業でもあるので、安定した収入を得ることができる。

他の業界と比べると景気の波に左右されることなく給与を受け取ることができるのだ。安定性が非常に高いので長期間に渡って働き続けることができるはずだ。医療機関といった施設は、土日や祝日に関わらず常に稼働している。なので、忙しいときは土日や祝日でも勤務をすることがあるので、年収もその年によって変わるかもしれない。しかし、医療業界だからといって特別な待遇があるわけではない。むしろ普通のサラリーマンと年収は変わらない。

しかし、医療機器の営業になると給与は少しだけ高くなる。給与をアップするためには自社製品に関する知識だけではなく、医療機器に関連する専門的な医療知識を習得しなければならない。給与体系に関しては、成果主義の考え方が今でも反映されているところが多い。営業の場合はノルマをクリアすれば、高い報酬を期待することができる。通常の営業よりも100万円から200万円もアップするので努力をする必要がある。

また、営業のサポートをしてクライアント向けの細かな製品説明や臨床試験のアドバイスをすればさらに高い給与を得ることができる。そのためには、深い知識や医療知識を強く求められるが、良い結果が出るので積極的に挑戦をするべきである。